プロパンガス料金が高い!…自由化で安くする方法はコチラへ。

プロパンガス料金が高い!…とお嘆きの方に

こんにちは、最新の “お役立ち情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は、プロパンガス料金が高い!……とお嘆きの方に、自由化のメリットを生かしたガス代が安くなる方法をご紹介したいと思います。

プロパンガスと都市ガスを比較

オール電化を採用する家庭も増えてきているのが現状ですが、やはり料理は直火でしたい、ガス調理がしやすいという人が多いのもまた現状です。

そもそも都市ガスとプロパンガスの違いをご存知でしょうか。

ガスを使用するという点においては特に大きく変わる点はありませんが、ガス代は都市ガスの方がかなり安いのが現状です。

ざっくり言うと都市ガスの方が半分~三分の二ほど安いとされていて、そんなに差があるのかと驚きますよね。

新生活を始める人が新しく賃貸を契約する場合、都市ガスかプロパンガスかで月々に支払うガス代が大きく変わってくるため、その点を重視しながら選ぶ人も多いようです。

お風呂が好きでお湯をよく使うという人は尚更ですね。

ちなみに都市ガスの会社は東京ガスや大阪ガスなどの有名なものを含め、約200社あります。

では、プロパンのガスにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

それは都市ガスが通っていない田舎や、過疎部でもガスを使用できるという点です。

しかし、毎月固定で支払う費用は都市ガスよりも高く設定されており、契約時にも「預かり料」というものが必要になってきます。

これは一万円程度とされていて決して安い額ではありません。

プロパンのガスを扱っている会社は全国に2万社ほどあります。

ちなみに都市ガスとプロパンガスでは料金区分が異なるという点が大きな相違点になります。

都市ガスは公共料金として扱われるため、国や自治体に届出をし許可をもらう必要があり、そのためガス会社が勝手に価格を設定することができません。

その理由から、価格体系がプロパンガスに比べてわかりやすいという利点があります。

一方のプロパンのガスというと、いわゆる自由料金であり適正価格などのガイドラインがないため、ガス会社が独自に定めることが出来るようになています。

そのため、同じガス会社を利用しているのに、担当者が違うだけで、また、契約の時期が少しずれるだけで支払うガスの代金が違うなんてこともよくある話なので驚きです。

ガスを使用している中で、都市ガスとプロパンガスは大きな相違はないと先述しましたが、カロリー(熱量)に関しては、プロパンガスの方が高いのです。

その高さは都市ガスに比べて2.23倍で標準燃料、つまり火力が強いのです。

都市ガスのカロリーは「10,750kcal/m3」とされていますが、それに対してプロパンのガスのカロリーは「24,000 kcal/m3」であるためその熱量は2.23倍もあるのです。

一般家庭においてはここまで強い火力は必要ない場合が多いのですが、逆に強い火力を必要とする飲食店や製造工場などにおいては、プロパンのガスの利用が多いとされています。

それぞれのニーズによって、どちらを使用するのが適しているか差がありますね。

ちなみに都市ガスとプロパンガス、どちらがより普及しているのでしょうか。

資源エネルギー庁が発表している公式なデータによると、都市ガスを使用している件数は約2900万件で53%、プロパンガスは2500万件で44%となっています。

ほとんど差はありませんが普及率で比較してみると、都市ガスのほうがやや普及しているようです。

プロパンガスの値段が高い理由

プロパンガスの必要経費は、基本料と従量料の2つが合わさって計算されます。

日本全国における相場価格は、基本料がだいたい1890円、従量料が523円です。

しかし、この相場とされている価格は都市ガスよりもかなり高い計算で、基本料は900円、従量料は200円以上も高く、毎月の請求額に換算すると5000円も高くなるというので驚きです。

この事実に対して、消費者センターではこの相場価格を不当な高額であると認識しており、実際にガス代が相場価格に近いまたは相場価格以上である場合は契約を見直す必要があるでしょう。

そのため一度自宅のガス代を確認してみないといけませんね。

さらに驚きなのが、一人暮らしの方がガス代の平均価格が高いということです。

大半の人がマンションやアパートに住んでいますが、一戸建物よりもプロパンガスの代金が高いことが原因とされています。

では、プロパンガスの代金がこんなにも高額なのはなぜなのでしょうか?

それは、これまでのガス会社の歴史に原因があります。

そもそも企業間での競争がなかったため特殊な市場として発展してきていた背景があったため、高い料金を維持できるように企業同士が顧客を取り合うことがないよう、口約束をしたり内々で決めていたりしていたからです。

それらが要因となって、相場価格がずっと高い状態が続いているのです。

このような事情により、ガス料金の高騰が続いているわけですが、日本全国といっても地方によって差があるのも現状です。

中でも関東地方のプロパン相場価格は、他の地方と比べると安くなっています。(基本料1646円、従量料505円)

これは関東地方には取り扱い会社が多く、競争が激しいということと、人口が多いためという理由があります。

人口が多いと効率的にガスを配送できるからです。

ちなみに他の地方も紹介しておくと、東北地方の相場価格は基本料が1977円、従量料が632円で日本で最も高額の地域となっています。

なぜこんなに価格が高騰しているかというと、積雪が多い地域であるにもかかわらず人口が少ないため、ガスを効率的に配送することができずコストがかかってしまうからです。

中部地方の相場価格は、基本料が1,901円、従量料が576円で、全国平均よりも高い水準となっています。

また、近畿地方の相場価格は基本料が1,903円、従量料が565円で、全国平均より若干高い水準になっています。

中国・四国地方の相場価格は基本料が1,948円、従量料が638円で全国平均よりかなり高い水準になっています。

九州地方の相場価格は基本料が1,931円、従量料が629円こちらも全国平均よりかなり高い水準です。

このようにほぼ全ての地方において相場価格が全国平均よりも高い水準となってしまっているのが現状で、全国平均よりも安いのは関東地方のみという結果になっているのです。

より安価な都市ガスを使用したくても、実際には都市ガスがまだ普及していない農村部や田舎が多くあります。

そのような地域の方はプロパンガスを使用しなければならないのに、そういった地方の方がプロパンガスの価格が高騰してしまっているという現状があるのです。

プロパンガスの節約術!

ではここで、プロパンガスの節約術をご紹介いたします。

春夏秋冬、一年を通してガスは私たちの生活になくてはならないものですが、そんな中でもガス代が最も高い季節は、やはり冬です。

ガスを使用する目的として一番に挙げられるのは「物を暖める」ということですので、寒い冬にはよりガスを消費するため必然的にガス代が上がります。

家庭内において特にたくさん使用するのは、給湯器と暖房器具、さらに調理用のガステーブルの三つです。

日常生活の中で、どれくらいのガス代を使用しているかご存知ですか?

床暖房を一日使用した場合、八畳の部屋で約100円です。

6畳の部屋をファンヒーターで暖めようとすると一時間で15円、ガスレンジを弱火で使用した場合、10分間で1円、強火なら10分で20円です。

さらにガス代に大きな影響を与えるお風呂ですが、夏に200Lで一回使用すると50円、冬場なら同じ200Lでも一回80円、シャワーは一回4円かかります。

1ヶ月分に換算すると、かなり高いですよね。

少しでもプロパンガス代を安く抑えたい人は、給湯器の設定温度を下げるだけで大きな効果が出ます。

冬場のお風呂は浴槽のお湯もすぐに冷めてしまうので、蓋をしっかりするなどして対策が必要ですが、冷めてしまったお風呂の水200Lを一℃上昇させるだけでも約3円が必要になります。

追い炊き機能は便利ですが、かなりのガス代が必要になってくるので、家族がまとめて入浴したりなるべく続けて入浴するなどの工夫をするとよいでしょう。

今ではお風呂の浴槽の温度を下げないためのグッズが、100円ショップなどでも販売されていてとても便利です。

中には温度を表示することのできる機能が備わっている物もあります。

いずれのガス代も個別に見るとそんなに高いと思われないかもしれませんが、継続して毎日使っていくと驚くほど高くなってしまう場合があります。

そして寒い冬に部屋をぽかぽかと暖めてくれる暖房器具は、給湯器と同じで設定温度を下げることで価格を下げることができます。

しかし、古い暖房器具を使用している場合は効率が悪くなっている場合があります。

現在は省エネ機能などが備わった優秀な暖房器具が多数販売されているため、簡単に効率よくガス代を節約したい場合は暖房器具自体を買い換えてしまうというのも一つの手です。

10年先にわたってのコストを考えた場合、古い暖房器具を使用している家庭ではすぐに新しいものに買い換えたほうがグッとお得になったということが多いです。

また、毎日必要となってくる調理では、なるべくガステーブルを使用しないように工夫していくことが節約につながってきます。

電子レンジを使用して時短料理をしたり、あらかじめの下処理(加熱)をしておいたり、保温効果の高い土鍋や圧力鍋で調理することによってガスを使う時間を短くすることが出来ます。

鍋の蓋をうまく使って熱を逃がさないようにしたり、調理の際にお鍋の底の端から火がはみ出さないよう火加減を調節するなど、いろいろな節ガス術があります。

毎月支払っていくガス料金ですので、少しでも高いプロパンガス代を節約できるといいですね。

高いプロパンガスの料金を安くする方法はコレですよ!

では最後に、高いプロパンガス自体の値段を安くする方法をご紹介したいと思います。

その方法は現時点では二種類あります。

まず一つ目はガス会社に、直接交渉することです。

その際には単価を下げてもらうようにお願いします。

しかし、今までの慣習もあるし、他のお客の手前、『はい、わかりました」と簡単にはいかないのが現実です。

また、たとえ値下げ交渉が成功したとしても、またすぐに値上げをされてしまう可能性があるので注意が必要です。

そしてもう一つの方法は、より価格の安いガス会社へ契約を変更することです。

ただし、一人暮らしなどで賃貸のアパートやマンションに住んでいる場合、大家さんや管理会社の承認が必要となる場合があり、自分勝手にガス会社を変更することが難しい場合もありますので事前に確認しておかなければなりません。

たとえ契約の変更が可能であったとしても、さらに注意しなくてはいけないのが、異常に安い悪徳の格安業者の存在です。


徐々に値上げされ、知らないうちに元の木阿弥になってしまうので、注意が必要です。

そこで、是非、ご利用して頂きたいのが「ガス屋の窓口」という優良ガス会社を紹介してくれるサービスなのです。

最近はネットの普及で、大変便利になりましたね。

「ガス屋の窓口」はネット上でプロパンガス料金の診断・一括見積を行ってくれるのです。

グループ全体で業界最大級の「80,000世帯」の契約変更実績があり、ガス会社変更は「一切無料」ですし、面倒な手続きも代行してもらえるので安心してガス会社の変更ができます。

ただし、対象エリアがあり、案内できるエリアは随時拡大中とのことですので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

最大で、年間50,000円以上もガス料金節約になったケースも実際にありますので、プロパンガスが高いと感じていらっしゃる方は、是非一度、チェックしてみることをお勧めしますよ。


公式サイト

プロパンガスが高いと感じていらっしゃる方
【ガス屋の窓口】公式サイトはコチラへどうぞ


■LINK■